家族のような介護をめざしています

身体介護ケアサービス

身体介護ケアサービスとは

ホームヘルパーや介護福祉士など、資格を持ったケアスタッフが直接ご自宅にうかがって、食事や入浴、洗髪や着替え、歩行・通院・車椅子の乗降りなどご利用者さまの身体に直接触れて行う介助等のことです。

たとえばこのようなサービスです。

食事の介助 食器を持てない・箸を持つのが困難等、お一人で食事をするのが困難な方のお手伝いをします。
配膳・下膳から後片付けはもちろん、全面的な食事介助から、一部だけの介助など、ご利用者さまの状態に合わせた介助を行います。
入浴の介助 浴槽に一人で入るのが困難、一人では服を脱げない・体を洗えない等、一人での入浴が困難な方のお手伝いをします。
滑りやすい浴槽での補助など、快適に入浴を楽しんでいただけるよう介助いたします。又、入浴が出来ない方には、体の清拭や洗浄のお手伝いをします。
体位変換
(寝返り等)
寝たきりで自分では寝返りができない方に対して、長時間の同じ姿体勢で就寝されている場合、褥瘡(床ずれ)や関節拘縮が発生する恐れがあります。 定期的にヘルパーが1日に数回、体位変換(寝返り)の介助をします。
外出時の移動の介助
(歩行介助)
歩行が困難な方などには、車椅子を押しての買い物の同行や、病院・公共機関への同行等、日常生活をしていく上で必要な外出をお手伝いします。
排泄の介助 トイレへの誘導やオムツ交換等 排泄のお手伝いをします。
衣服の着脱 衣服を着たり、衣服を脱いだりすることが困難な方のお手伝いをします。
通院の介助 1人で通院することが困難な方のお手伝いをします。

【 その他 】
・洗面の介助/洗面での歯磨き、うがいの見守りや介助をします。
・身体整容/手足の爪切り・髪の手入れなどの介助をします。
・起床就寝介助/ベッド等での起き上がりや就寝の介助をします。
・服薬介助/薬を飲むお手伝いをします。
また、安全を保ちつつ常時介助できる状態で行う見守りなどがあります。

身体介護が必要になると、家に引きこもりがちになってしまいますが、
なるべく外出をしてリフレッシュすることで、身体機能の低下を抑えることができます。

back to top